ITの金融ってなんだろう

エンジニアの仕事にインフラ開発があります。
企業からの依頼で、請負会社が受け持つ仕事として定着している業界です。そんなインフラ専門会社で働くには不具合を見つけるスタッフもいます。これは重要な役割を持っています。金融機関のインフラ整備や開発はミスが許されない。同時に大きなお金が動くので、小さなミスが日本中のATMを止めることになりかねないからです。やりがいと収入が比例しているかは不明ですが、時給が1000円以下とか聞いたことはない。また、勤務時間は長時間なのでざっと月間30万円は最低でも得ることができる。基本が30万円ならば、残業での収入も期待できるので結果として一般スタッフでも年収500万円なんて夢ではないのでは?

ITの金融ってなんのことでしょうか。あまり耳にしたことがないのでネットで調べてみることにしました。

するとまず出てきたのはネットで簡単にキャッシングが出来るというものでした。基本的に自宅にネット環境が整っていれば手軽に手続きができるそうです。店舗に行く面倒もないので注目されているそうです。

また、審査にあまり時間がかからないそうで、振込までの時間も意外と速いそうです。急な出費が必要になった時などには便利なのかもしれませんね。では気になる金利はどうなのでしょうか?やっぱり便利な分高いんじゃないの?と詮索してしまいますが意外と違うそうです。

IT金融の場合店舗がないので店舗の賃貸料も必要なく、スタッフも少ない人数で出来るというメリットがあるそうです。諸経費があまりかからない分他の消費者金融に比べ金利が安くなることがあるそうです。それでじゃどのような申込みをすればいいのでしょうか。申込みフォームと言うのがあり、そこへ名前や銃などを入力していきます。もちろん他に借入があるかどうかも入力します。以上必要事項を記入して送信をすれば手続きは完了するそうです。非常に簡単なものなのですね。審査にかかる時間は早いようですがしっかりと審査は行われているようなので安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です