運転することの喜び

仕事移動では車を使いますか?
自分の車を相棒のようにめでている方であれば「俺の人生にはいつだって愛車があって当然なんだ。車のスピードが上がるたびに俺はハイテンションになっていく」とおっしゃるかもしれません。
車を運転することによって、時代を駆け抜けるヒーローになったような気分になって、ともすれば車を運転するたびに上機嫌になっていても不思議ではないと思うのです。それだけ車とは気分転換を図る上での絶好の所有物であり、人によっては、車を運転しているさなかで容易に仕事モードに切り替えていくことが可能であることが見て取れるのです。

車の運転が上手い方は、「俺の上手な運転テクニックを周りの人達に見せながら通勤できるなんて最高の気分だ。知性溢れる運転の仕方をすることで、いかに俺が利口な奴なのかを見せつけることができて嬉しい」と思っているかもしれません。
車の運転は、時として運転者の人格を表すことが考えられて、ちゃんと制限速度を守ったり的確なタイミングでウインカーを出したりすることで、他のドライバーに状況判断力の高さを象徴することにつながるのです。車通勤をしているときは、まさに自分のためにあるショーだと思っている方もいるかもしれませんね。

他のドライバーをギャラリーのように意識しつつ運転を披露することで、華麗な運転によって湧き上がる感動をそのギャラリーに与えていこうとする心の余裕さえ持っていることが窺えてくるのです。こうしたことから車通勤がITの仕事以外の楽しみとして捉える方がいると思うのです。

仕事をがんばる理由に、いい車に乗りたいという気持ちがあれば、年収を上げていく機動力になることも理解できます。IT系での年収は業務内容や起業しているか?請負かでも大きく違いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です